ゼロからイチを生み出す思考

 

新たな箱システム構築に向けて、ただいま考察中。

これまでは小さな箱の中身を社会と位置づけ、その小さな箱の中でどうあるべきか?を求めることで、大を兼ねることのできる小を考え尽くしてきた。
今度は全く反対のことを行ってみたいと思う。

それは大から得た情報を元に最小であり最適であることを求める思考である。

まずは大は大衆とする。
100人いれば100通りの考えがあるが、問題を解決をする上では個人的な思惑や打算はここでは必要のないことと仮定して考える。
そのような考察を繰り返すことで、大の中から必要とされていることを導き出し、さらに双方にとって有益であることややるべきことであるかを考察する必要がある。

何もしていない今からワクワクしている。
でも、この気持ちが一番大切である。

このワクワクを具現化することができれば、それは夢や目標に変わる・・・
この瞬間がゼロからイチを生み出す思考であり、人生の醍醐味だと思う。

そんな前向きな気持ちでいると、必ず素敵な出会いがある。
このために始めたんだ!と確信できるような、必要なところにちゃんと収まるような出会いが必ず。
ありがたいことである。

 
最終更新日:2017/04/25(火)11:09
 

ページTopへ