PSMとは

PSMとは、Personal Scheme Managementの略称で、ひとりひとりに沿った最適な仕組みを構築・管理するという意味を持っています。

各個人が自分以外の個人との関わりを通して、社会の縮図を理解し生き延びるためのプロセスを考察し、確立するためのプログラム「箱システム」に基づき考案された独自理論です。

これらを習得することにより現代社会人において最も求められ、重要視されている「実効性」「探究心」「コミュニケーション能力」が養われます。
PSM総研が関わる事業には、常にこのPSMの理論を用いて実施していますので、興味のある方は各事業にご賛同いただき体験してみて下さい。